鶴岡市立荘内病院 - Tsuruoka Municipal Shonai Hospital

代表電話(24時間)

0235-26-5111

呼吸器外科

  • 基本情報
  • 診療担当医
  • 実績

概要

呼吸器外科は、主に肺癌などの肺腫瘍や自然気胸、縦隔腫瘍などの呼吸器疾患に対する手術治療を担当しています。

理念

当科スタッフ一同は、鶴岡市民の皆様が肺癌などの重大な病気に罹ってしまったときに苦労して慣れない遠方まで行かなくても、地元で安心して質の高い医療を受けていただけるよう日夜精進します。どうぞ、安心して我々にご相談ください。

当科診療の特徴

近年、呼吸器領域でも体に優しい手術が求められるようになってきました。当科では積極的に内視鏡手術(完全胸腔鏡下手術)や縮小手術(区域切除術や部分切除術)を取り入れております。

完全胸腔鏡下手術

胸に開けた1cmの穴から内視鏡(胸腔鏡)を入れてモニターに胸腔内部を映し出し、このモニターを見ながら他に開けた2か所の穴(5mmと2~3cm)から手術器具を入れて行う手術です。従来の開胸手術に比べてキズは小さく、筋肉や肋骨を切らないため痛みは軽く、身体に優しい手術と言えます。当科では肺癌を始めとするほとんどの手術を3つ穴の完全胸腔鏡下手術で行っております(図1、2、3、4)

胸腔鏡下区域切除術

肺は、右肺が上葉・中葉・下葉の3肺葉、左肺が上葉・下葉の2肺葉に分かれています。肺葉の中は、気管支・血管の分岐によってさらに細かくいくつかの肺区域に分かれています。従来の肺癌手術は病変のある肺葉を切除する肺葉切除術が主体ですが、早期肺癌では肺葉の中の癌がある肺区域のみを切除する区域切除術を行えば肺をできるだけ残すことができ、身体への負担は軽くてすみます。当科では早期癌には完全胸腔鏡下区域切除術を積極的に行っており、近年は肺癌手術のおよそ半数を占めるようになっています(図5)。

手術風景

図1.完全胸腔鏡下手術風景

術野拡大図

図2.術野拡大図(キズは3か所の小さな穴のみ)

術後3か月目のキズ

図3.完全胸腔鏡下区域切除術後3か月目のキズ

術後1年目のキズ

図4.完全胸腔鏡下区域切除術後1年目のキズ
キズはほとんどわからなくなっています(個人差あり)。

肺葉切除と区域切除図5.肺葉切除と区域切除(右上葉の肺癌の場合)
小さい癌や早期癌は区域切除術をすることで肺切除量を少なくして体への負担を軽減します。

外来診療について

受付時間 午前7:30~午前11:00
診療開始時間 午前9:00~
  • 外来は完全予約制ではありませんので、当日受付をしていただければ、紹介状がなくても受診できます。
  • 診療内容によって診療開始時刻が異なります。詳しくは各外来診療受付か、総合受付2番窓口におたずねください。

外来週間予定表(担当医表)

※都合により、診察医師の変更や休診になる場合がありますので、院内掲示または、お電話でご確認の上、ご来院ください。
※医師の異動等により変更になる場合があります。詳しくは、窓口にお尋ねください。

外来に関するページ

診療実績(2011~2015年)

全身麻酔手術総数肺葉切除件数区域切除件数原発性および
転移性肺癌手術件数
2011 89(77) 36(34) 6(6) 52(48)
2012 97(76) 34(25) 15(14) 59(46)
2013 98(73) 20(17) 19(18) 43(38)
2014 101(84) 24(18) 26(25) 56(48)
2015 101(89) 24(23) 28(28) 59(57)

(括弧内は完全胸腔鏡手術数)

このページの先頭へ戻る