鶴岡市立荘内病院 - Tsuruoka Municipal Shonai Hospital

代表電話(24時間)

0235-26-5111

国立がん研究センター東病院との医療連携

令和2年7月8日(水)、国立がん研究センター東病院 (以下「東病院」) と当院は、がん医療の高度化を図るため、医療連携に関する協定を締結しました。互いの特色を生かした円滑な連携を通じ、鶴岡に住んでいながらも、最先端のがん医療を身近で受けられる環境を整えてまいります。

IMG_0209 .jpg

主な取組み

「がん相談外来」の開設

令和2年11月、当院に「がん相談外来」を開設しました。遠方の専門病院に足を運ばなくても、当院においてセカンドオピニオン(※)を受けることができます。がん診療や薬の副作用、手術前の不安や療養生活でお困りのことなど、お気軽にご相談ください。

(※)セカンドオピニオン...診断や治療方針について、主治医以外の医師の意見を聞くこと

○診察日
 毎月第一金曜日(原則)
○担当医
 東病院専門医 全田貞幹先生
○受診料
 再診料のみ
○受診方法
 主治医へご相談ください。
 ※主治医へ直接相談しにくい場合は、看護師や地域医療連携室までご相談いただいても構いません。
 ※他院へ通院中の方は、地域医療連携室までご連絡ください。

電子カルテの共有化

令和3年10月、当院の電子カルテが東病院でも閲覧できるようになりました。診療情報の共有を図り、より円滑ながん診療につなげていきます。

遠隔診療の導入検討

東病院と当院を専門回線で結び、テレビ会議システム等を整備します。「がん相談外来」からの紹介等により東病院で高難度の手術などを受けた場合でも、当院にいながら、モニターを通して東病院の専門医による診療を受けることが可能になります。

遠隔手術サポートシステムの導入検討

当院において行われるがん手術に、東病院の専門医がモニターを通して助言等を行える環境を整備することで、当院のがん手術の高度化を図ります。

荘内病院×国立がん研究センター東病院 医療連載「つながる医療 がん治療最前線」

全国に先駆けて実施されているがん医療提供体制モデルを、東病院の専門医によって分かりやすく紹介する荘内日報との連載企画が2021年5月にスタート!
こちらよりご覧ください。

過去のお知らせ

このページの先頭へ戻る