鶴岡市立荘内病院 - Tsuruoka Municipal Shonai Hospital

代表電話(24時間)

0235-26-5111

排尿ケアチーム

排尿ケアチーム紹介

高齢化社会が進み、多くの方が排尿に関する何らかの悩みを抱えているといわれています。排尿障害の要因は複雑にからみ合っており、排尿障害は生活の質の低下につながりかねません。また、排尿の悩みは他人には相談しづらく、医療機関の受診にはつながらないことが多くあります。
当チームでは排尿障害の回復のため現場スタッフと他職種が関わり、「包括的な排尿ケア」を目指して活動しています。

排尿ケアチームメンバー紹介

排尿ケアチーム

排尿ケアチームの活動

  1. 排尿自立の可能性および排尿に関する機能を評価し、排尿誘導などの保存療法、リハビリテーション、薬物療法を組み合わせるなどのケアを相談する。⇒排尿ケアラウンド(1回/週)
  2. 職員および地域医療向けの教育⇒研修会の開催

排尿障害の患者さん向けのリハビリテーションのご紹介

<骨盤底筋体操>骨盤底筋体操

  • 膣や肛門の筋肉を10秒ほど引き締め、緩めて数十秒リラックスする。
  • 「締める、緩める」の繰り返し。10回1セットを1日5セット。
  • 毎日継続することが大切

排尿ケアチームで使用されている用具のご紹介

用具のご紹介

このページの先頭へ戻る