研修医の声

2017年も終わりますので

2年目のjrです。

2017年も終わります。

最終日。

特にやる事がありません。

1人でビール飲みながらガキの使いでも見ます。

来年もいい1年になりますように。

2017年12月31日

研修医

こんにちは。
山形大学医学部付属病院からたすき掛けで研修させてもらっています、2年目のFです。
8月からの研修でしたが、時がたつのは早いもので、今月で鶴岡を去らねばならなくなりました。
勤務日前日の夜、荷物整理していた際にたまたま居合わせた先生方から飲み会に誘って頂いたところから始まった研修でした。
毎日しっかりと業務をこなしながら、鶴岡の食文化も満喫。
元々傷を負っていた自分の肝臓へのダメージは大きかったと思いますが、それ以上に充実した日々を過ごすことができました。
最後に、
荘内病院は大変な部分もありますが、意欲があればそれを受け止めてくれる環境は十分に揃っていると感じます。
当院の研修を考えている方はまず見学にいらしてみてください(お世話になったので宣伝です)。
そしてお世話になった方々、ありがとうございました!

2017年11月27日

未分類

総合診療医 徳田 安春先生 来院!

臨床研修秘書です。
今年も総合診療医徳田安春先生が当院の研修医のために講義をしにいらしてくれました
いつもは当院の研修医のみでしたが、今年は日本海総合病院の研修医の先生も5名参加してくれました。
009.jpg
忙しい中講義をしていただき、ありがとうございました。
011.jpg

017.jpg

最後に徳田先生を囲み当院研修医、日本海研修医の先生方で記念撮影
020.jpg

024.jpg

来年度も講義をしていただけることになりました。
来年度は11月2日(金)、3日(土)になります。
日本海総合病院の研修医の先生方もご参加お待ちしておりま~す


最後になりましたが徳田安春先生、今年度も当院研修医のためにお忙しい中
来院していただきありがとうございました。
また来年度も何卒よろしくお願いいたします。

2017年10月30日

未分類

秋ですね~

研修医2年目のSです。

早いもので2017年も10月に入り、鶴岡もだいぶ肌寒くなってきました。
研修医室は山大からのたすき掛けメンバーも加わり、日々にぎやかでわいわいしております(^^)

この1か月は、地域医療実習で荘内病院から少し離れた某病院で実習をしています。システムが違ったり、カルテも手書きだったりと、普段と違う環境は新鮮です。

研修生活もあと約半年を切ってしまいました。悔いの残らないよう日々の研修生活を過ごしていこうと思います。鶴岡のおいしいものも余すことなく堪能したいです。

2017年10月25日

未分類

まじめ

研修医2年目のNSです。山形大学附属病院の研修医ですが、たすき掛け研修で7月から鶴岡市立荘内病院で研修しています。ブログ更新9月担当だったのですがすっかり忘れてました。アクセス数が少ないので、もしかしたら内輪の方しか見ていないのでしょうか...、しかもマッチング試験はもう終わって時期は過ぎています。ブログの内容をざっと見返してみて、どんなことを書いたらいいのか考えましたがよくわかりません。山形県内の某県立病院の研修医ブログは、とてもまじめな内容で恐れ多いです。

荘内病院を研修先として考えている数少ない方がブログ閲覧していることを期待して、いろいろと書いてみます。
私はこれまで大学病院と市中病院で研修してきて、荘内病院で計4つ目の研修先となります。なので個人的にいいところ、わるいところを挙げてみたいと思います。

①病院の周りに飲み屋が多い
これは本当にうれしいところです。荘内病院に来ると太るという逸話は本当でした。某大学病院周辺は駅までいけばたくさんありますが行くのが面倒です。某県立病院は周囲には沖縄料理屋さんがあるくらいでしょうか。荘内病院は徒歩圏内でおいしいごはんやお酒が楽しめるお店がたくさんあるので、毎日モチベーション高く過ごせるはずです。

②給料が高い
いくら良いお店があってもお金がなければ楽しめません。しかし荘内病院ではお金の心配はいらないでしょう。全国で見てもトップクラスです。

③宿舎がきれい
建てられたのが1年半前とうかがったような気がするのですが、オートロックで宅配ボックスまでついているピカピカな医師公舎があります。広さを問わなければ無料で住めますし、環境は最高だと思います。病院も徒歩5分でつきます。

④食堂のごはんがおいしい
好きなメニューはかつ丼です。

⑤病院自体がきれい
これも快適に研修ができる重要な点だと思います。

まだまだたくさんありますが、面倒になってきたので次回の人に託します。とりあえず最高の生活環境であることは間違いないと思います。

2017年09月27日

研修医

ぼくの夏休み

こんにちは。研修医2年目の千葉です。

僕は現在夏休み中で、のんびりと過ごしているところです。

先日、ちょうど夏休み中だったので、鶴岡夏の一大イベントである赤川花火大会を見て参りました。花火大会に行くのは、高校生の頃に故郷仙台の七夕花火を見に行って以来なので、実に10年ぶりぐらいでしょうか。やはり、間近でみる打ち上げ花火は、迫力があり、とても感動しました。あの感動、文章ではとても伝えきれませんね。

皆様も夏の鶴岡にお越しの際は是非一度見てみてはいかがでしょうか。

ではまた。

2017年08月24日

研修医

こんにちわ。
臨床研修1年目のKです。

鶴岡では、最近やっと暑さも和らいできました。鶴岡は自然豊かで海も近いので釣りなど行きたいなーと思いながら、まだ一度も行けてません。怠慢です。タイマン。違うか。

肝心の研修の方は、今は内科系を回っているのでなかなか忙しい毎日を送っていますが、そろそろ科の変わる頃だなーと思うと意外にもう少し回りたい、という気持ちがでてきます。ようするに充実してるってことですね!難しい症例などは処方などについて先輩方に度々聞くことがあり、迷惑ばかりかけていますが、毎度優しく丁寧に教えてもらっています。こういう時、先輩方がいるということについてのメリットとかを感じます。日々感謝しつつ頑張って行こうと思っております。

みなさんも暑さには気をつけてくださいね。

PS:もちろん先生方も優しいです。

2017年08月16日

未分類

オープンホスピタル

先日、鶴岡市内の高校で将来医師や薬剤師を目指している学生さんを対象にした
当院のオープンホスピタルが開催されました。



皆さん真剣に話を聞いて頑張っていました

DSCN0623.jpg

DSCN0624.jpg

研修医の先生方は、みんな1日お手伝いをしてくれました。

DSCN0657.jpg

DSCN0671.jpg

日頃体験できないことがほとんどだったため、初めての経験で上手くいかない
こともありましたが、とても楽しい時間をすごしてもらえたと思います。

そして何年後かにまた...
今度は医師として荘内病院に
来てくれることを期待しています

2017年08月08日

未分類

山形臨床研修病院ガイダンス

先日5/20(土)山形国際ホテルにて、「山形臨床研修病院ガイダンス」があり
たくさんの学生さんが当院ブースへいらしてくれました
P1010032.jpg
P1010031.jpg
P1010035.jpg
指導医、研修医の先生方からもご協力していただきました。

実習で当院にいらした学生さんや、以前病院見学にいらしてくれた学生さんも来てくれ、
またお会いすることができました

当院は初期研修医受け入れ5名と少数のため、研修ローテーションも研修医の希望で
フレキシブルに組んでいくことができます。
昨年度は、救急車取扱件数約4,300件と県内で2番目というとても忙しい病院ですが、
数多くの症例や手技を経験することができるため、初期研修中から徐々に戦力となり
周囲から頼りにされる存在になっていくことのできる病院です。
また、熱心に指導をしてくださる先生方をはじめ看護師、コメディカルの方々も
とてもやさしく親切に色々なことを教えてくれるため、とても雰囲気がいいです。

マッチング面接も7月から8月に随時しています。
学生さんの希望をお聞きして面接日を調整することもできますし、
事前にご連絡をいただければ病院見学と面接を同じ日にすることも可能です。


当院では病院見学を随時受け入れております。文字や話だけでは伝えられない、
環境や雰囲気などをぜひ1度見学に来て直接感じていただきたいです。

(病院見学: https://www.shonai-hos.jp/rinsho/visit/

2017年05月23日

未分類

荘内病院よ永遠なれ

この4月で2年目になりました、研修医の鈴木です。

3月担当の千葉がブログ更新をサボった忘れている為、2回連続での更新となりました。

皆さんは、締切と法律はしっかり守りましょうね。

さて、研修医で順番にブログを更新しているのですが、この更新をもって私の出番は終了となります。
故に上記のようなタイトルとさせて頂きましたが、別に荘内病院が取り壊しになるわけではないのでご安心ください。
(取り壊されれば鶴岡地区は瞬く間に崩壊してしまうことでしょう!)

1.新たなる同志、K医師

この4月から、1年目の研修医が1人来てくださいました。私達の代の研修医は5人で、その前は1人で、さらにその前は5人で・・・と、人数に振れ幅がある訳であります。
人が集まる/集まらない病院にはそれなりの理由があるものですが、振れ幅がある当院には果たしてどのような理由があるのでしょうか?


2.学会発表

4月某日、学会発表のため博多に行って参りました。現地に到着したちょうどその日、現金強奪事件があり、ホテル周辺は警察、メディア関係者の方々でにぎわっておりました。
(警察とメディアって人海戦術が取り柄みたいなもんですからね!)

学会発表もさることながら、様々な施設の先生方とお話しすることが出来ました。

学会の写真を貼ろうとしたら容量がデカくて貼れませんとかパソコン君に言われました。
圧縮したら画像が汚くなったので貼らないことにします。

機械は未だ融通が効きませんね。
融通が利く人工知能なんぞが産み出されてしまえば、非効率的な肉体をもち、己の私利私欲のために地球を汚し、資源を枯渇させる人類の存在意義など皆無になってしまうのでしょう。
人工知能に取って代わられる職業には就かない方が無難かもしれませんよ。
(医師はまだ大丈夫ですが、一部の科はそろそろ危ないかもしれませんね)


3.最後に

医師免許取得後に言い渡された実刑判決2年(初期研修)もようやく1年が過ぎ、残り1年となりました。
医師になってからというもの、理不尽な人間関係に頭を悩ませ、多くの施設の先生方から声をかけて頂き(これは大変ありがたい事なのですが)3年目に進む進路に頭を悩ませ、来年度から始まる予定の新専門医制度に頭を悩ませ、隣国の核実験に頭を悩ませ、世界を襲う見えざる敵に頭を悩ませ、私の心も身体も既に憔悴し限界まできております。

さて、残り一年の刑期を何事もなく過ごせることでしょうか?
2年の刑期を終えた先に待っているのは輝かしい未来でしょうか、或いはさらなる絶望の世界なのでしょうか?

荘内病院よ、永遠なれ!!

2017年04月24日

未分類

このページの先頭へ戻る