研修プログラム

年間研修スケジュール(基本形)

schedule_01.pngschedule_02.png

必修
内科研修(6ヶ月)
救急部門研修(3ヶ月)
地域医療(1ヶ月)
選択必修
外科・麻酔科・小児科
産婦人科・精神科
から2科選択(各1ヶ月)
選択科
内科・神経内科・呼吸器科・消化器科・循環器科・小児科・外科・整形外科・脳神経外科・呼吸器外科・小児外科・皮膚科・泌尿器科・産婦人科・麻酔科・放射線科・病理科・救急部門・精神科・地域保健

プログラム概要

内科研修

内科(血液、内分泌、代謝、腎臓、緩和ケア)、呼吸器科、消化器科、循環器科、神経内科から選択、上級医の指導の下でそれぞれ約6週間研修。

救急部門研修

2ヶ月を救急センターで上級医について救急車搬送患者を中心に診察、蘇生手技・気管内挿管などの研修も行い、2年次に宿日直を月2~3回(1ヶ月相当以上)行います。

地域医療研修

臨床協力施設である鶴岡市立湯田川温泉リハビリテーション病院で1ヶ月。その間、鶴岡地区内の診療所や庄内保健所の見学なども行います。

選択必修研修

外科、麻酔科、小児科、産婦人科、精神科から2科を選択し、それぞれ1ヶ月研修します。
※精神科は、協力型臨床研修病院である山形県立こころの医療センターでの研修となります。

選択科研修

すでに研修した診療科を含め、指導体制がある全ての科で研修できます。
オリエンテーション/医療安全や院内感染対策について学ぶほか、中央検査室研修、静脈注射の研修、看護体験、救急車搭乗、BLS研修などを行います。
※精神科は山形県立こころの医療センター、地域保健は研修協力施設である庄内保健所での研修となります。
※到達目標に未到達がある場合には、到達目標達成に必要な診療科の研修に割りあてることがあります。
※修了認定にかかるレポート作成のため、4週間以上の精神科研修履修が必須となります。

このページの先頭へ戻る